運転免許の費用を安くする方法は合宿免許

運転免許には合宿免許がおすすめ

合宿免許が一番お得

17年04月20日

未分類

合宿免許が一番お得 はコメントを受け付けていません。


Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

運転免許は教習時間のオーバーがゼロとして考えても、平均20万程度かかります。その上教習時間のオーバーがプラスされると30万円~40万円も当然と言えます。それに比べて毎日教習を受けながら、たった2週間程度でほとんどの場合免許取得できるのです。でも合宿免許は宿泊費をいれても20万円を切るものもあります。

その上、自宅から合宿免許施設までの交通費の一部をサポートしてくれる特典があったり、さまざまなサービスのある合宿免許がほとんどです。毎日しっかり教習を受けて、あとは自由時間で遊ぶこともできます。温泉地にある場合は温泉巡りも。観光地にあれば観光もできます。他にもスキー場に近い合宿免許なら、教習が終わったら毎日スキー三昧なんてこともOKです。毎日車に乗って教習を受けることができるから、実力もめきめきついてきます。合宿免許プランを利用すれば最低限の日数で卒業することもできるので、時間・料金ともにお得になるのです。

ただし2週間ちょっとの休暇が取れる人でなければ参加できません。仕事のある人は、少し長期旅行に行くつもりで受けてみるのはいかがでしょう。学生なら長期休みに参加するのがおすすめです。また最近ではシニアにも人気があります。昔取得した運転免許でもぜんぜん使ってないので、もう一度教習を受けたいというシニアが、合宿免許を利用して旅行と兼ねて参加しています。

技能教習時間について

17年04月19日

未分類

技能教習時間について はコメントを受け付けていません。


Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

お得に運転免許を取得する方法として、教習1時間あたりの価格や入学金の安いところを選ぶことはとても重要です。しかしそれだけではなく、一番費用が多くなってしまうのが教習時間の問題となります。教習時間は技能と学科があります。普通車MTを技能34時間、学科26時間は絶対条件ですが、多い人になると70時間もかかるなど、34時間の倍以上かかってしまう人さえいます。教習所によって違いますが技能時間は1時限50分で約7000円~8000円、路上練習は約11000~12000円程度となります。つまり時間数の違いによって運転免許にかかる費用はまったく違ってくるということなのです。

特に技能時間をオーバーせずに卒業できる人は、あまりいないのではないでしょうか。特に女性の場合は大体10時間程度のオーバーは当たり前。それだけで7万~8万のオーバーとなります。もちろん10時間オーバーで済むとは限りません。その理由はやはり技能を身に付けるまでに時間がかかるからです。特に教習所では毎日教習を受けることはほとんど無理。自分の用事も当然あるので、自分が受けられる時間で教習所の予約が取れるタイミングというと、それだけでとても少なくなります。

そのため1週間のうち1~3日程度の予約しか取れません。なかなか技術が身に付かないのも当然です。少しでも続けて予約を取るようにしましょう。合宿免許であれば毎日続けて予約を気にせず教習を受けることができるため、条件の時間からオーバーせずに多くの人が免許取得しているのです。お得に運転免許を取得するなら合宿免許が一番お得と言えそうです。

運転免許をお得に取得

17年04月18日

未分類

運転免許をお得に取得 はコメントを受け付けていません。


Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

運転免許を取得するには、思ったより高額がかかるものです。教習所で取ることがやはりベストと言えますが、かかる費用は約22~35万円が相場と言われています。内訳は技能教習が約13~15万円。入学金が約2~10万円。教科書代や検定料などが約3万、非課税の仮免手数料2800円などを合計したものです。これはどちらもとても優秀な成績で卒業した場合の価格です。入学金も約8万円の開きがあり、技能教習も約2万円の開きがあります。これは教習所によって価格がこれほど違うということなのです。

そこでまず運転免許を取る場合は、教習所選びをすることが重要となります。例えば都心地にある教習所と郊外にある教習所では入学金は全く違い、技能教習料も違ってきます。またこれが地方の、いわゆる田舎地域の教習所になるともっと低価格となるのです。とはいっても都心に生活している場合は、どうしても都心の教習所を選ぶことになるので、少しでも郊外にあるところを選ぶようにしましょう。ただし交通費がかかることも考えなければなりません。

もう一つ運転免許にかかる費用として、教習にかかる時間数というものがあります。運転の技術を身に付けるのは個人差があります。多くの場合、最低条件時間より何時間、何十時間とオーバーして費用と時間は増える一方です。しかし都心の教習所では人が多く、予約を取るのも大変な状態。当然毎日取るのは難しいことも多くなります。そこに自分の都合も入れると毎日教習を受けるなんてことはできません。これではなかなか技術が身に付かないのも当然ではないでしょうか。そういう意味からも合宿免許は毎日しっかり教習時間が確保されているので、ほとんどの人が2週間の合宿で実力を付けることができるのです。